幼児英語クラス 試行錯誤の末にみえる成果

幼児英語クラスをスタートして、約8ヶ月。

娘を連れてのレッスンということもあり、毎回悩み、試行錯誤してきました。

 

初めて親子英語レッスンを始めたのが、娘が約6ヶ月のとき。

おんぶしながら、歌ったり踊ったりしているうちに寝てくれていることがほとんどで、とても助かりました。
(4歳になった今、とにかく踊るのが大好きで、リズムにあわせて常に踊っています・・・笑)

娘が2歳くらいになると、プリントを配ってくれたり、次に使うアイテムを渡してくれたり、アシスタントとして働いてくれるようになり、親子のふれあい遊びの良い見本となってくれました。

 

そのせいか、いざ、幼児英語クラスで、「生徒として」 レッスンに参加することになったとき、自分が先生側ではなくて、生徒側であることに納得するのに、かなりの抵抗があったようです。

レッスンを中断して、部屋の外で娘に言い聞かせることも多々。
(本当にご迷惑をおかけしました・・・><)

 

そんなこんなで、娘への説明や、レッスンの内容を試行錯誤しながら、はや8ヶ月。

やっと少しずつ、「生徒であること」 に慣れてきて、レッスンを中断することもなくなりました。
(とはいえ、まだ納得のいかないこともあるみたいですが・・・)

 

これまであまりレッスンの様子をアップデートできなかった幼児英語クラスですが、これから少しずつ、報告していきたいと思います^^。

 

今月のCTP絵本は、 Is It Alive?

 

生きているもの、生きていないもの、の理解をしていくために、いろんな遊びを交えて、絵本に出てくる文章をくり返し聞いたり、言ったりしました。

 

ガチャを引いて、Yes, it is alive. とNo, it is not alive. の表を作ったり、紙芝居風にクイズを出し合ったり♪

 

最初は生きているもの、生きていないものが曖昧だったけれど、繰り返すうちに段々とA-ha! の瞬間が。

 

Is the spider alive?

Yes, it is!

 

Is the car alive?

No, it is not!

 

とお互い質問を出しながら、言えるように何度も練習♪

 

 

親子英語クラスで0歳からずっと続けて来てくれているSちゃん。

お天気や色、簡単な挨拶はperfect!

だんだんと文章でお話しよう!という姿も見られるようになって、頼もしい限りです♡

 

幼児英語クラスでは、毎回テーマを決めて、聞けることだけでなく、自分たちの言葉で言えるようになることを目標にしています。

絵本+いろんな面白アイテムで、「もっとやりたい!」 「ボクがワタシが先!」 と子どもたちが前のめりになるように、工夫しています。

 

「英語が初めて」 というお子さんでも、

見て分かる → 聞いて分かる → やってみよう!!

と思えるような楽しい仕掛けがいっぱいですよ♥

 

4月から幼稚園に入るお子さまのクラスも新規開講を予定しています。
ご興味ある方はお気軽にお問合せください♥

>幼児英語クラスの詳細はこちら。


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね (2)
  • へぇ (0)
  • やってみます (0)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です